FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.25 プロ失格
あとがない第2セットのタイブレーク。伊達が1点目をダブルフォールトで失うと、場内から思わずため息がもれた。これに伊達がキレた。「ため息ばっかり!!」と両手を広げて大声を上げた。

 伏線はあった。開幕前日のブログに「ため息のないサポートをお願いします!(笑+本気)」と書いていたが、日本のファンは伊達の望む“欧米型”ではなく、いつも通りのスタイル、反応だった。「ため息はエネルギーを吸い取られる。ファーストサービスのフォールトの段階でため息が聞こえるようでは…」と伊達は不満を募らせ、「日本はテニスを見ることのレベルが上がってこない」とぶちまけた。絶叫後は集中力を失ったようにタイブレークを2―7で落としてストレート負け。観客にも怒りの矛先の向いた後味の悪い敗戦となった。


こんな最悪なプロアスリートは見たことがないです。
どこの世界にクライアントに直接不満をぶちまける人がいるんでしょうか?

医者ですら、「ご家族さんのお見舞い態度がなってないから十分な医療が出来ない」
なんて言わないでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jangiksu0000.blog54.fc2.com/tb.php/309-48945149
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。