FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島で「全ゲノム解析」 被曝調査で環境相表明
2012.8.31 00:35 [放射能漏れ]
 細野豪志環境相は30日、東京電力福島第1原発事故の被曝による遺伝子への影響を調べるため、来年度から福島県民を対象に「全ゲノム(遺伝情報)解析調査」に着手する考えを明らかにした。

 福島県立医大(福島市)で開いた私的懇談会の終了後、記者団に述べた。

 細野環境相は「政府としてしっかりと(福島に)向き合っていく。遺伝子の調査はすぐに不安の解消にはつながらないかもしれないが、人間の根源的な遺伝子を調べることで将来への予防になる」と語った。環境省は子どもを中心に調べる方針。

 細野環境相は県民健康管理調査や放射線の研究に加え、周産期・小児医療の拠点として福島県立医大が設立を構想している新しいセンターについて来年度予算の概算要求に61億円を盛り込む考えも明らかにした。


なんかコレに対して批判が集まっているみたいですね。

確かに一人一人のデータには意味がないんですが、マススタディとして被曝量とDNA変異の相関は描けるかもしれません。(被験者と高濃度被爆者が多ければですが)。
あと、対象として非被爆者のデータが欲しいところです。まあ福島の人の被曝前のデータが無いと正確とは言い難いのですが… (別の土地の人だと同じ日本人と言えども環境が違うので)


推定被曝量に関してはヒロシマとは比べ物にならない位制度が高いはずなので、一応世界的責任としてやっておいて悪くないと思います。もし明らかな相関が出れば大変なことになるので。

人間のそういったデータは無いハズなので、それはそれで意味があることだと思います。



ただ問題は被曝量とDNA変異の相関が認められなかった時ですよね。結局どのくらいNを集めればいいんだという話になって、結局何もわからなかったデスという研究結果発表になる恐れは十分あります。

でもやっぱり何も出ないんだろうなあ… 被曝量っていったって実効線量50mSv以上浴びた人なんて殆どいないだろうし。1~2mSvの人とかは絶対関連出ないでしょうから。年齢調整もしなきゃいけないし大変だ。

恐らくリンパ球を調べることになるでしょう。縦軸にリンパ球1000個あたりの塩基対変異数をとって、横軸に推定被曝量を、という具合になるのかな。となると多分20~30mSv位からグラフが立ち上がってくると思います。この研究のWEEK POINTはヒロシマと違ってそこまで被曝した人がきわめて少ないということですね。

研究者が功を焦ってデータを操作しないことを願っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jangiksu0000.blog54.fc2.com/tb.php/303-a386ea57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。